普段何気なく発生している法律効果について

わたしたち日本国民は、全ての国民が健康と幸福を追求できるように、日本国憲法や法律の下にその権利が守られています。この権利は法治国家である日本が、先進国として存在する上で欠かせないものです。
ただ、これらの権利を日本国民ある私たちが享受するためには、その国民の一人ひとりが公序良俗に則り、法を守ると言う義務を果たしてこそ成立する権利でもあります。そこには信義誠実の原則、つまり信義則というものが必要不可欠なのです。
料理05この言葉は法律用語ですので、この言葉を聞いても何のことかいまひとつ分からないと言う人もいるでしょう。この用語はクリーンハンズの原則とも呼ばれ、様々な具体的な事情の下で、相互に信頼を裏切らないという事が鍵となっています。つまり自ら法を守る人は、その法に守られるということであり、その法律を司る裁判所などは、法を守る人に対して誠実にその法を実行して、その権利を保護しなければいけません。具体的に言えば、例えば麻薬取引などの違法な契約取引を行った人がいたとし、もしその人物の麻薬取引に対する対価の金額が支払われなかったとしても、そもそも違法な取引を行った人には、その金額を取り返すために裁判所などに訴えは起こせないと言うことです。当たり前のようですが、この辺りは以外にも混乱する人が多いので、疑問に思う人は様々な事例などを見てみることをお勧めします。

コメント

コメントを受け付けておりません。