普段何気なく発生している法律効果について

私たちは毎日安心した暮らしをしています。
この安心とは日本国内の治安の良さに守られているということです。
日本は世界を見ても非常に治安が良いとされているのです。
この治安とは人々が平和に暮らせるよう、憲法や法律や条例でルールを定めて、違反すると警察が逮捕し、検察が起訴し、裁判で罰則が決められてから実際に罰せられるという一連の流れがあることです。
法律においては決められているルールには独自で定められる法規と定められていない法規というのがあります。
前者は任意法規と呼ばれ、後者は強行法規と呼ばれています。
このため、法律の内容を理解しておくことが必要です。
料理03また、効力法規というものもあります。
効力法規はある一定のことを禁止したり、それをするための条件を決める規定のことです。
これは違反した行為が無効になることです。
違反をした場合は様々な罰則がありますが、違法と近いものに脱法行為というものがあります。
脱法行為とは法律を明らかに破ったということではありません。
あくまでも適切な行為ではなかったということです。
適切でないので、実質的には違法状態とも捉えることが可能です。
以上が違法であると判断される基準になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。