普段何気なく発生している法律効果について

法律行為とは人が意思の表示によって法律効果を発生させる行為のことをいいます。正確には法律上の効果を発生させる生活関係である法律要件があり、これによって権利の発生や変更または消滅などの法律効果を発生させることを言います。もっとも、法律要件を構成する法律事実は意思の表示が中心となっていることから法律行為は意思の表示を要素として法律効果を発生させる行為であると言えます。野菜05そして、この法律行為はその性質から様々に分類されており、特に意思表示の点からはどこに方向が向っているかにより3つに分かれています。具体的にまず1つ目には単独行為があり、これは一人が行う単一の意思の表示により構成される法律行為で相手方の意思の表示を要しない一方向のものです。その中でも意思が向う先に相手方がある場合とない場合とがあり、ある場合の単独行為は例えば取消や解除、ない場合には遺言が挙げられます。2つ目には契約があり、これは対立する2つ以上の表示意思の合致で成立する法律行為です。典型としては売買などで、買うことと売ることの意思の表示が双方に向かって合致することで初めて契約が成立します。そして3つ目には合同行為というものもあり、これは数人が同一の目的(方向)に向かってする表示意思の結合により成立する法律行為で、社団法人の設立行為がこれにあたります。

コメント

コメントを受け付けておりません。