普段何気なく発生している法律効果について

民法が定める法律行為とは、人が意思表示をすることでその法律効果を発生させる行為のことをいいます。そして、民法の大原則の1つには私的自治の原則があり、これは別名法律行為自由の原則とも呼ばれ、私的法律関係は当事者の自由意思に基づいて形成し得るという原則をいいます。これらのことから、例えば法律行為で最も典型的な契約では当事者がその内容を原則として自由に決めることができ、その関係に於いて双方の取り決めが取引の基準となります。もっとも、法律行為自由の原則は資本主義経済が高度に発展し、法律制定当初に予定された関係とは異なり貧富の差をもたらしたことから国家が「公の秩序」によって私的法律関係に積極的に干渉することで実質的な平等が図られています。野菜と女性これに関する規定は91条に置かれており、公の秩序に関しない任意法規に対し、公の秩序に関する規定として当事者の意思に左右されることなく適用されてる強行法規が定められています。そして、これに反する法律行為は無効となり、任意規定と異なる意思表示をすればそれに従うと法律行為自由の原則が明記されています。そこで、公の秩序に反しない場合には当事者の意思に基づいた取り決めが基準となる訳ですが、この当事者の意思が不明確な場合には法律行為の解釈に於いて、まず当事者意思の探究を行い、次に信義則(1条2項)や条理また事実たる慣習(92条)や例文解釈などを基準として解釈されます。

コメント

コメントを受け付けておりません。